記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】豊富な食物繊維で便秘解消「タケノコのペペロンチーノ」

 今、わが家のキッチンには大量の旬野菜が積まれています。友人からいただいた春の山菜・タケノコです。大変ありがたいことなのですが、これだけあると正直、下処理が大変…。タケノコは新鮮なうちに下茹でをしないと強烈なエグミが出てしまうんですよね。

 今回のレシピはそんな延々と続くタケノコの下処理をしながら考案しました。シンプルなパスタにタケノコのコリコリ食感をプラスした春のペペロンチーノです。

 ぐんぐん成長していくことで知られるタケノコは、人間にとってもパワーの源。タケノコに含まれるチロシンが「元気ホルモン」ドーパミンの素なのです。また疲労回復に効果のあるアミノ酸をはじめ、ゴボウに匹敵するほどの食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維はコレステロールの吸収を抑える働きがあるので、便秘解消や糖尿病予防などに役立ちますよ。

 タケノコのうま味と栄養素を感じられる、春らしいペペロンチーノ。彩りにグリーンピースを加えることで、βカロテンやビタミンCといった栄養素も補うことができますよ。

 【材料】2人分
 タケノコ(下処理済) 250グラム
 パスタ        160グラム
 グリーンピース    20個
 にんにく       2片
 オリーブオイル    大さじ3
 輪切り唐辛子     10個
 塩こしょう      適量

 【作り方】
 1 パスタを茹でる。
 2 タケノコは一口大のスライス、にんにくはみじん切りする。
 3 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りがでたら唐辛子、タケノコ、グリーンピースを入れて塩こしょうで炒め、1を加える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報を受け取ろう