記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】「安く美味しく」革新的な酒づくり 茨城県『木内酒造』 (1/2ページ)

★茨城県「木内酒造」(上)

 木内酒造(茨城県那珂市)といえば、今では日本酒の「菊盛」より、クラフトビールの「常陸野ネストビール」のほうが有名だ。出荷量も日本酒とビールはすっかり逆転しているという。

 水戸駅前の京成百貨店1階にある、直営店の居酒屋「な嘉屋」で木内敏之取締役が待っていた。奥のカウンターに陣取り、かけつけにビールを1杯。ハーブの香りがほんのりとする「ホワイトエール」だ。国内外で数々の受賞歴があるだけに、味わい深く旨い。

 ややあって、女性蔵人の中村幸代さん、杜氏の矢代健一郎さんも合流。あらためて、純米吟醸にごり生酒の「春一輪」で乾杯! これはシュワッと微発泡していて甘みもありつつ、後味スッキリ。おいしい~。

 「うちはビールをやっているので加圧タンクがたくさんある。だからこういう酒がつくれるんですよ」と木内取締役。

 木内酒造の日本酒は全量自家精米、全量アル添なしの純米酒のみで、炭素濾過をしない。

 「それが世界標準ですからね。それに、海外のワイナリーにはレストランや試飲スペースがあり、つくった人が『どうだ、うちの酒は!』と自信をもってすすめている。そういう蔵にしていかないと日本酒はダメですよ」とバッサリ。