記事詳細

【ゆる登山はじめました】バス路線チェックは入念に 山岳路線は本数が減ったりなくなることも少なくない (1/2ページ)

 山登りは、登山口までのアクセス情報が重要です。便利なターミナル駅から発着するバスツアーなどでない限り、山に行くときは電車やバスを乗り継いだり、マイカーで登山口に向かわなくてはならないからです。

 登山口へ向かう公共交通機関、とくにバス路線は本数が非常に少ないことが多いです。1本乗り過ごしたら、「次は3時間後」などということも少なくありません。スムーズに登山口に向かうため、登山ルートと同様にアクセス情報の調査も非常に大切です。

 私が山歩きを始めた頃は、電車の時刻表と、登山で使われる路線バスの時刻表(おもなバス会社の時刻が網羅されている本がありました)で時刻調べをしていました。

 時代が流れ、今はインターネットで簡単に調査ができます。電車の乗り換え案内アプリで、自宅最寄り駅から登山口の最寄り駅への乗り継ぎが簡単に検索できますし、路線バスの時刻表、乗車時間もバス会社の公式サイトで検索できます。十数年の間に便利になったものだと思います。

 バスの時刻は、必ずバス会社の公式サイトで最新の時刻表を確認しましょう。バスのダイヤは1年ごとに改正をしているところが多く、とくに山岳路線のバスは運行本数が減ったり、路線そのものがなくなってしまうことも少なくありません。

 また、平日と土休日でダイヤが異なる路線もあります。

 季節運行の山岳路線バスもあります。とくに日本アルプスに向かうバスは、登山者が訪れる夏から秋にかけての運行という路線が多いです。運行開始日、終了日は年によって異なりますし、土日やハイシーズンに増便する路線もあります。こちらも最新の情報を確認しましょう。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース