記事詳細

【ゆる登山はじめました】梅雨どきの山歩きの楽しみ、アジサイの名所 想定外の雨に備え雨具の準備はお忘れなく (1/2ページ)

 各地で梅雨入りが発表されています。梅雨どきの山歩き、自然散策の楽しみのひとつがアジサイです。アジサイの花見を取り入れた“ゆる登山”はいかがでしょう。

 今年は、例年より開花時期が1~2週間ほど早いようです。花の見頃は、現地の観光協会やビジターセンターなどの情報を確認したうえで出かけてください。

 雨で濡れた地面は、歩きにくくなっています。土の道は多少ぬかるむことがありますし、木道や石段も濡れると滑りやすいです。足元には十分注意して歩いてください。

 想定外の雨に備えて雨具の準備もお忘れなく。ちょっとした公園散策でも、レインコートと折り畳みの傘があるだけで安心です。

 東西の名所を紹介いたします。

 ■鎌倉アルプス(神奈川県鎌倉市)=(1)標高159メートル(2)標準コースタイム2時間40分(3)見頃6月上旬~中旬

 鎌倉市の北部に連なる山並みで、快適なハイキングコースが整備されています。北鎌倉駅から登山口の建長寺までにはアジサイの名所・明月院など花の寺があちこちに。瑞泉寺から永福寺跡に向かう道沿いにもアジサイが咲き誇ります。

 ■南沢あじさい山(東京都あきる野市)=(1)約300メートル(2)2時間(3)6月中旬~7月上旬

 武蔵五日市駅から徒歩40分ほど、針葉樹林のなかを約1万株のアジサイが彩ります。群落につけられた散策路を歩いて楽しみましょう。40年以上の月日をかけて育てられたアジサイは、青や紫、ピンクなど彩りさまざまで、花の種類も多彩。

 ■麻綿原(まめんばら)高原(千葉県大多喜町)(1)340メートル(2)2時間(3)7月上旬~下旬

 妙法生寺の境内、山の斜面を一面に埋める白色や青紫色のアジサイが見どころ。2万株のアジサイは、住職が丹精込めて育てたもの。うっすらと霧に煙ると、さらに幻想的な雰囲気。展望台まで登れば、花々の向こうに房総の山々の姿も眺められます。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース