記事詳細

【阿部亮のつぶやき世界一周】北欧人には「まぶし過ぎる」日本の照明 “光の洪水”の中で肩こり初体験したスウェーデン人

 今回も知人が連れてきたスウェーデン人の話。髪はブロンドで薄い緑色の瞳と生粋の北欧人である彼は、去年の冬に来日して、商社の日本支社で働き始めてから半年たつのだが、「日本はホントに生活しづらい…」とこぼしていた。「どうして?」と聞くと、日本は「あらゆる物がまぶし過ぎる」かららしい。

 会社が紹介してくれたマンションの部屋の電灯が、昼間の太陽と同じ昼光色の蛍光灯。明るさも真昼間のようでくつろげない。出社したオフィスも、やはり昼光色の蛍光灯がズラーっと並んでいてまぶしすぎ。

 デスクのパソコンも異常に明るくて、字が読めない。調べものがあって行った図書館も本屋も、行き帰りの通勤電車も、日本人の同僚に連れて行かれた大衆酒場、コンビニ、スーパーも照明がまぶしくて、「何でこんなに明るくするのか?」と叫びたくなったという。

 そんな光の洪水の中で生活して1カ月後、首筋が痛くなって、それが徐々に肩に広がって、人生で初めて肩こりを経験した。

 高緯度地域に住む北欧人は、暗さに適応しないと生きていけなかった。このため数千年の時間を掛けて、瞳の色素を薄くすることで暗さに順応したのだ。

 北欧は、冬至と夏至で極端に昼の長さが違う。冬場は昼間が数時間しかなく、後は薄明~夜。結果、日本人の濃茶の瞳には普通に見える明るさが、緑や青の瞳にはまぶし過ぎるというわけだ。

 逆に日本人には真っ暗と思える暗さでも彼らには平気らしい。そういえば、欧米のホテルや夜の街中は、不安になるほど暗かった!

 ■阿部亮 北海道札幌西高等学校卒業。19歳で陸路を世界一周。ニッポン放送「阿部亮のNGO世界一周!」のメインパーソナリティ。ミャンマー、ネパール、カンボジア、ブルキナファソ(西アフリカ)に12校の学校を建設している。

zakzakの最新情報を受け取ろう