記事詳細

天ぷらにオリーブオイル、あまり使う人がいないのはなぜ? (1/2ページ)

 外国人観光客にも人気の日本の料理。そのメニューの中でも上位に挙げられるのが天ぷらだ。もちろん日本人にも好まれている料理であり、お店だけでなく、家でも食べるという人も多いだろう。ところで、天ぷらに使う油といえば、サラダ油かゴマ油が一般的だ。オリーブオイルを天ぷらに使うという話はあまり耳にしないのはなぜなのだろう。「フライにサラダ油ではなくオリーブオイルを使うといけませんか?」という質問が「教えて!goo」にも寄せられていた。そこで、天ぷらとオリーブオイルのマッチングについて、日本オリーブオイルソムリエ協会の遠藤朋美さんに聞いてみた。

 ■オリーブオイルで天ぷらを揚げてもOKなのか?

 まず、オリーブオイルで天ぷらを揚げてもよいのか聞いた。

 「なんの問題もありません。オリーブオイルで天ぷらを揚げる人が少ないのは、そのコストの高さであると指摘する人も多いのですが、たくさんの油を使うディープフライでなく、少量の油で炒め揚げる方法でも天ぷらは揚げられます。残念ながら、オリーブオイルのメリットや使い道が十分に知られていないというのも、使用されない理由ではないでしょうか」(遠藤さん)

 どうやら、オリーブオイルはヘルシーというイメージは浸透しているが、使い道についてはまだまだ浸透していないようだ。

 ■オリーブオイルで天ぷらを揚げるメリット

 オリーブオイルで天ぷらを揚げると、どんなメリットがあるのだろうか。

 「素材はなんでもOKです。むしろ、他の油よりも衣の水分を早く飛ばしてくれるので、オリーブオイルの方が天ぷらをカラッと揚げてくれます。どんな素材でもカラッと揚がるので、料理の『腕』が上がったような気がしますよ」(遠藤さん)

 天ぷら料理初心者には、逆に使い勝手がよいかもしれない。さらに、健康に関するメリットもあるという。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A