記事詳細

「海老名メロンパン」人気の秘密は?48時間で2万7503個販売、ギネス認定 (1/2ページ)

 東名高速道路の海老名サービスエリア(SA)下り(海老名市)で販売している「海老名メロンパン」(230円)が「48時間以内で最も売れた焼きたて菓子パン」として英ギネス・ワールド・レコーズにより世界記録として認定された。SAやパーキングエリア(PA)の食堂などを運営する西洋フード・コンパスグループは「ブランドとして日々成長している」と胸を張る。海老名メロンパンの人気の秘密を探った。(川上朝栄)

 4月28日午後6時から同30日午後6時までの48時間、海老名SAはメロンパンを求める人の波でごった返した。この間に2万7503個を販売。ツイッターなどSNS(会員制交流サイト)の拡散が後押しして、メロンパン購入を目当てにした人々が、海老名SAを続々と訪れるという現象が発生したのだ。

 ◆発端は口コミ

 「ギネス挑戦により、ブランド力を向上させる」(販売企画担当者)との狙いは見事に的中した。5月下旬になっても、販売個数はこれまでの3割増をキープするなど、改めて「ギネス効果」を実感したもようだ。

 今でこそ押しも押されもせぬ人気スイーツとなった海老名メロンパンだが、平成5年の発売当初は商品棚でも目立たない存在だったという。メロン果汁を使った風味と、しっとりとした生地の食感には自信があり、「一度、口にしてもらえば、ヒットにつながるはず」との思いから、同社が着目したのが「バスガイドの口コミ力」だった。

zakzakの最新情報を受け取ろう