記事詳細

【人とペットの赤い糸】人もペットも高齢化… 老老介護にどう対処したら良いか (1/2ページ)

 日本人の平均寿命は、女性が87・14歳(健康寿命は74・79歳)、男性が80・98歳(同72・14歳)で、65歳以上の高齢化率は27・7%となり、先進諸国の中で最も高齢化が進んでいる。一方、ペットも高齢犬の7歳以上は58・9%、高齢猫は44・7%とそれぞれ高齢化が進んでいる。

 高齢者がペットと暮らすメリットは「血圧の安定」「認知症の予防」「情緒の安定」「ストレスの減少」「責任感の醸成」「寂しさの減少」「失語症の予防」「健康寿命の延伸」など、さまざまある。

 しかし、一方、近年高齢者と高齢ペットの老老介護の問題が大きくクローズアップされるようになってきた。老老介護の対処の仕方、問題解決には次のような5項目が考えられる。

 (1)ペットを迎え入れる際に、まず自分自身の年齢、ペットの年齢と平均寿命を確認し、生涯にわたってのペットのケア計画を立てることが大切だ。犬の平均寿命は14・19歳、猫の平均寿命は15・33歳。高齢者がペットを迎え入れる場合は、子犬や子猫より、性格が安定し、社会性がある成犬・成猫あるいは高齢犬・高齢猫と暮らすのがお薦めだ。

 また、高齢者の力でコントロールできる超小型・小型犬や猫、うさぎ、小鳥などの小動物と暮らすことをお薦めしたい。

 (2)高齢者がペットと暮らす効用を考えると、健康でペットのケアができる間は、できるだけ自宅で犬との散歩や高齢ペットの世話をすることが望ましい。時にはペットの訪問看護サービスを受けるのも良いだろう。

関連ニュース