記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】正真正銘の源泉かけ流し 清津峡湯元温泉「清津館」&麹へのこだわり「八海山 みんなの社員食堂」 新潟県十日町市

 上信越高原国立公園「清津峡」は、天然記念物にも指定されているV字形の大峡谷。その入り口にある清津峡(きよつきょう)湯元温泉「清津館」は日本秘湯を守る会の温泉宿。源泉温度は48度。上杉謙信ゆかりの薬師如来像のお告げで掘り当てられたと伝わる源泉は、単純硫黄温泉で、PH9.2のアルカリ性。

 内湯も川沿いの露天風呂も加水加温循環ろ過消毒のない正真正銘の源泉かけ流し。清掃換水はほぼ毎日行われる清潔な正直温泉だ。

 旨さとユニークさで評判の八海山酒造の食堂は、その名も「八海山 みんなの社員食堂」((電)025・775・3866)。日替わり定食は蔵人たちのパワーの源となるおかずがメーン。この日は厚切りの「塩麹もち豚ローストポーク」で800円。魚定食は、砂糖やみりんを使わずに八海山の甘酒と醤油だけで味付けした、こだわりの特大サイズ「カレイの甘酒煮」1000円。

 定食には小鉢2つ、漬物、南魚沼産のコシヒカリのご飯と、自家製味噌を使った具沢山の味噌汁付き。ご飯も味噌汁もお替わり自由。塩麹も甘酒も味噌も麹由来、酒蔵ならではのこだわりがうれしい。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■清津峡湯元温泉「清津館」 新潟県十日町市小出癸2126。(電)025・763・2181。平日2人1室1泊2食12000円から。詳細はWEBで。

関連ニュース