記事詳細

【寿命を延ばす“食と成分”大研究】脂肪肝撃退成分「スルフォラファン」に注目 ブロッコリースプラウトは「生」で食べることが重要 (2/2ページ)

 「ビタミンCは、食べてから数時間で排出されるが、スルフォラファンは3日間体内で維持されます。3日に1回食べるだけでも、その作用に期待が持てるのです」

 脂肪肝は、知らぬ間に肝機能の組織にダメージを与えていく。東京医療センターで昨年導入した超音波エラストグラフィという検査では、肝臓の脂肪の量と硬さが一目瞭然で、患者が自分の肝臓の状態を知る上でも役立つという。無自覚のまま放置するのではなく、肝機能を守る上で、対策を立てることが不可欠だ。

 「肝臓の状態を自覚して食生活を見直すことで、脂肪肝を改善した人は多い。その一助として、スルフォラファンを活用してみてください。よい成分を意識することで、無症状で進行する病を食い止められることをぜひ知っていただきたいと思います」(菊池医師)

 ブロッコリースプラウトの効用を覚えておこう。(安達純子)