記事詳細

【PNN】ルールはシンプル“デカいが熱い” ペナント決着の喪失感はこの台で埋めろ! 最先端技術で迫力満点の映像「CR巨人の星~栄光の軌跡~」

★「CR巨人の星~栄光の軌跡~」(サンセイR&D)

 今のパチンコに必要な「わかりやすさ」を追求したマシンが登場する。「CR巨人の星~栄光の軌跡~」(サンセイR&D)は、「デカいが熱い」を掲げる。主人公である星飛雄馬の成長や、物理的に「大きい」アイテムの出現はいつでも大当たりのチャンスとなるため、プレーヤーにとっては「待ち」がわかりやすい。設置開始は週明けの15日(月)から。

 アナ 今年のプロ野球も大詰めを迎えていますね。

 解説委員 野球少年だったその昔は、ペナントレースに決着がついてしまうと1年が終わったような気持ちになったものだよ。

 アナ 喪失感はどうやって埋めたんでしょう。

 解説委員 野球の漫画だったりゲームだったり。だが今年はもっといいものがある。「CR巨人の星~栄光の軌跡~」がデビューするからな。

 アナ 巨人の星は何度もパチンコになっているイメージですが。

 解説委員 2年ほど前に「~情熱の炎~」が出ているから、今作はシリーズ2作目だ。ただし、過去には高尾と京楽からもパチンコ化されているし、パチスロ機もシリーズで何作も出ている。だからパチンコファンにもなじみ深いコンテンツと言えるんじゃないかな。

 アナ 今作は「デカいが熱い」がキャッチフレーズになっています。

 解説委員 これには2つの意味がある。ひとつは星飛雄馬がデカくなる、すなわち成長するほどチャンスということ。通常は幼少時代がベースなんだが、高校時代、さらには最終段階のプロへと成長するほど大当たりに期待が持てる。

 アナ もうひとつは。

 解説委員 文字通りデカいアイテムが画面に登場すればチャンスだ。ホームベースや弁当のおにぎりが巨大だったりする。

 アナ 飛雄馬の成長とデカアイテムがチャンスっていうのはわかりやすいですね。

 解説委員 確変の「入魂RUSH」中は法則性がちょっと違って、図柄の色で発展する演出が変わる。金図柄ならテンパイした時点で大当たり、赤図柄、黒図柄、青図柄はそれぞれ専用のリーチに発展する。個人的には黒図柄からの「巨大すぎる敵リーチ」をぜひ見てほしいね。飛雄馬が父・一徹を倒せば大当たりだが、映像がとにかく迫力満点なんだ。

 アナ 大当たり確定の時の演出とか、3Dの演出とか、全体的にものすごく派手な印象を受けました。

 解説委員 およそ50年前の漫画なのに、全く古さを感じないのはパチンコとして最先端の技術が使われているからだろうな。本当に派手だよ。

 アナ オフシーズンを迎えるプロ野球と入れ替わりで、ホールではまさに今からシーズン開幕ですね。以上、PNNでした。

■スペックの特徴 確変(ST)が200回転までのロングSTタイプ。通常時からの確変突入率は65%。確変&時短中の大当たりは必ず16ラウンドでSTに突入する。通常時の大当たり振り分けは次のとおり。16R+ST…25%、7R+ST…40%、7R+時短100回転…35%。