記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】オフィスの乾燥で喉からの風邪が長引きやすい 30分に1回水分補給を (2/2ページ)

 H なるほど、帰宅時だけではなく仕事中の喉のケアも大切ですね。喉に付着しているウイルスは飲んでしまっても大丈夫ですか?

 愛 体内に入ってしまっても胃酸がウイルスを死滅させるので問題ありません。

 H 安心しました。漢方でできる対策はありますか?

 愛 声を出す職業の人によく使われるのが、響声破笛丸(きょうせいはてきがん)です。ガラガラになった声や喉の違和感によいですよ。

 H 対面ではなく電話越しでの会話なので、声枯れはとても気になっていたので助かります。

 愛 ほかにも、喉の漢方薬として知名度が高いのが麦門冬湯(ばくもんどうとう)です。喉を潤し咳をしずめる働きがあります。

 H あ、それ知っています。前に処方されたことがあります。じわっと効き目を感じたような気がします。

 愛 よく病院で処方されていますよね。あとは、咳が長引く時によく使われるのは、麻杏止咳錠(まきょうしがいじょう)です。

 H 漢方薬って、段階に応じて使い分けることができるのですね。状況に応じて試してみます。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。