記事詳細

【薬ものがたり】カバンや筆記具など、身の回りのものの除菌対策に 「Efil(エフィル)」

★「Efil(エフィル)」(大鵬薬品工業)

 風邪のシーズンに立ち向かうため、マスクや手洗い、うがいに加え、カバンや筆記具といった身の回りのものなどの除菌対策がある。そんな中、注目されているのが、今年9月に発売されたウイルス除去・抗菌スプレーの「Efil(エフィル)」。主成分のエタノールと銀イオン・亜鉛イオンを同時に配合し、即効力でウイルスなどを除去し、抗菌・抗ウイルス効果が24時間持続するのが特徴である。

 「がん治療や糖尿病で免疫力が低下した患者さん、高齢者や介護を必要とされる方とご家族などが、感染を気にされて外出機会が減るようなことを防ぐため支援したい。その強い気持ちから、当社初となるウイルス除去・抗菌スプレーを開発しました」(大鵬薬品工業)

 自分自身が感染して風邪などを引くのを避けるとともに、家族にもうつしたくない。「エフィル」の開発でその思いに応えたという。生活をいい方向に反転させる願いを込め、「Life」を反転させた「Efil」の造語を商品名に。スプレーは300ミリリットルと携帯に便利な50ミリリットルをそろえ、自宅や職場、外出先でも使用しやすいようにしている。

 「朝のお出かけ前などにスプレーすると24時間、菌・ウイルスを寄せ付けません。外出先で使用の多いスマートフォンの画面も布に吹きかけて画面を拭くことで、除菌は可能です。さまざまなシーンで使いやすいとご好評を得ています」(同)

 菌やウイルスは、取り除くだけでなく、寄せ付けないことも大切だ。

関連ニュース