記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】研究熱心な店主は車椅子で奮闘中! バランスの良い清湯「醤油SOBA」 (1/2ページ)

 亀有は常磐線だが待ち合わせをしたら亀戸に行ってしまった、という笑い話があるほど知らない人もいる。一方、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が人気になり、登場人物の銅像が駅前に設置され、名所にもなっている。ラーメンでは「つけ麺道」「ののくら」「敦」「○菅(まるすが)」「たいせい」「道の豚」など、評価が高い店も少なくない。

 そんな中、また注目の新店が2軒オープン。まずは、つい先日の22日、アリオ亀有1Fにオープンした「らーめん砦」。長崎・佐世保が本店で、大阪に次いで東京にも進出。今後、店舗展開していきそうな勢い。「東京ラーメンショー2017」に出店したときは「ザ・仕事人 エクセレントアワード2017 第1幕最優秀賞」を受賞。

 大阪で初めてこのラーメンを食べたときには「貝白湯」というキーワードに大いに驚いた。貝が効いたスープだが意外と甘めでミルキー。貝だけではなく、大豆の搾り汁なども使っている。麺は福岡から取り寄せており、低加水の細麺。チャーシューは味がスープに流れるのを嫌い、あえてベーコンを使用。揚げネギも効果的。豚骨や鶏ガラなどは一切不使用でこの味を出しているのはすごい。

 貝出汁(だし)だけではなく、マテ貝もトッピングされていて、面白い。メンマ替わりにもなる食感。ラーメン自体はマニア向けな感じもするので大型ショッピングセンターでどのように評価されるのか? 今後の展開が興味深い。

関連ニュース