記事詳細

【薬ものがたり】イライラからくる大食い、師走太りを解消! 「コッコアポG錠」

 日頃からイライラしたときに「食べると落ち着く」といった習慣を持つ人は、宴会シーズンのこの時期、さらに食べ過ぎに拍車がかかる。そんな人に、注目されているのが「コッコアポG錠」(第2類医薬品)。サイコ、ハンゲ、ショウキョウなど、8種類の生薬による大柴胡(だいさいこ)エキスを配合し、フィルムコートした飲みやすい錠剤というのが特長である。

 「発売当初、ストレスで過食や便秘に悩む女性が多いことから、『コッコアポG錠』は女性をターゲットにしていました。実際には男性の購入者もいらっしゃいます。男女問わずに悩まれている方がいることを痛感しています」(クラシエ薬品)

 「コッコアポ」は、肥満改善薬として1982年に登場し、女性を中心に根強い支持を誇る。肥満といっても、代謝の低下、冷え、ストレス過食、便秘など人によって脂肪のたまる要因が異なるため、2014年に体質や悩みに合わせて選べるよう処方ラインアップをそろえてリニューアルした。そのひとつが「コッコアポG錠」だ。

 「漢方の考えでは、イライラする場合には、体内で『熱』が発生し、その熱により体がオーバーヒートを起こして代謝の低下や便秘などにつながります。イライラに打ち勝つ体を作り、体内で生まれた熱を鎮め、エネルギー循環をよくして、代謝の向上や便秘解消などに導く作用が、『コッコアポG錠』の大柴胡にはあるのです」(同)

 イライラからくる大食いにご用心。