記事詳細

【PNN】継続率獄高!夢幻RUSH 大連チャン花火を打ち上げろ! 「PA地獄少女宵伽 きくりの地獄祭り設定付」

★「PA地獄少女宵伽 きくりの地獄祭り設定付」(藤商事)

 まもなくデビューする「PA地獄少女宵伽 きくりの地獄祭り設定付」(藤商事)は、およそ3年前に発売された「CR地獄少女 弐 きくりの地獄祭り」の後継機だ。前作同様の一風変わったスペックが特徴で、当たりやすく、時短突破タイプで、突破後には一撃での大量出玉を夢見られる。さらに今作では小当たりRUSHと3段階の設定も搭載された。週明けの12月3日(月)から設置開始。

 アナ あれ? 「PA地獄少女宵伽」ってもうホールに入ってませんでしたっけ。

 解説委員 もちろん入ってるよ。設置直前にここでも取り上げたし、とにかく面白いから最近はよく打っているんだ。

 アナ この「きくり」は改めて紹介するほどの機種なんですか。

 解説委員 スペックもゲーム性も全然違うからな。そもそも「宵伽」で単なる甘デジだけでなく、「きくりバージョン」までリリースされるのは、前作の「きくり」が非常に好評だったからだ。

 アナ ちょっと変わったスペックでしたよね。

 解説委員 大当たりしやすい代わりに、連チャンもしにくい。その代わり、連チャンモードに入ると大量出玉を期待できるってスペックだった。この「きくり」でもそこは受け継がれていて、大当たり後には「前夜祭(時短)」に入って、そこで大当たりを引くと「真お祭りRUSH(ST50回転+時短50回転)」に入る。

 アナ 継続率がかなり高そうですね。

 解説委員 ここに入るだけでも連チャンが期待できるが、今作にはさらに上位モードがあるんだ。電サポ中に7図柄で当たると小当たりRUSHの「夢幻RUSH」に突入する。もちろん小当たりで出玉が増えるし、演出も変化して「祭玉」がなくなるまでRUSHが続く。祭玉の上乗せタイプが3種類から選べて、パチスロのような感覚で楽しめるところも特徴だ。

 アナ それまでとはまったく違う演出になるんですね。

 解説委員 とにかく派手ににぎやかに、液晶と台枠とで花火が打ち上がり続ける。同時に出玉も増え続けるわけで、本当にイケイケ感を味わえるだろう。

 アナ 通常時の演出は「宵伽」のミドルや甘デジと変わりませんか。

 解説委員 そこも変更されている。これまた前作の「きくり」と同じく、新しいリーチでサクッと当たることも多い。疑似連もないし、台枠上部のリールが動くだけでチャンスだし、基本的にはシンプルに楽しめる。

 アナ 少ない投資で一発を狙うにはピッタリの機種かもしれませんね。以上、PNNでした。

 地獄祭りカットイン予告 通常時の激アツ演出。さまざまなタイミングで発生する。台枠上部のリールが動くだけでも大チャンス!

 夢幻RUSH 確変+小当たりRUSHで玉が増え続けるモード。「祭玉」がなくなるまで継続する。

 ドキドキ!ミチルの福引チャレンジ シリーズ初となる演出も複数あり、短い秒数で当たるパターンが多い

 ■スペックの特徴 いわゆる突破型で、3段階の設定付き。大当たり後に「前夜祭(時短30or50回転)」「真お祭りRUSH(ST50回転+時短50回転)」「夢幻RUSH(小当たりRUSH)」と状態の異なる3段階のモードがある。最上位モードへの到達は難しそうにも思えるが、実質的な夢幻RUSH突入率は約1/195なので、難易度はさほど高くない。