記事詳細

【黒田尚嗣 世界遺産旅行講座】一生に一度は訪れたい街 中世の面影漂うスペインの古都トレド

 12月8日の「無原罪の聖マリアの祭日」から12月25日のクリスマスまでの期間は、キリスト教徒にとって「聖なる降誕祭を準備する期間」であり、「精神の集中」と「落ち着き」を求める時期とされています。

 若い頃の私は、毎年この時期にはヨーロッパの教会をめぐっていましたが、印象に残っているのは、ニュルンベルクなどのクリスマスマーケットでにぎわうドイツの教会よりも、落ち着いたスペインの教会、特にトレドの大聖堂です。「もし、1日しかスペインにいられないのなら、迷わずトレドへ行け」と言われますが、世界遺産の古都トレドは一生に一度は訪れるべき町でしょう。

 古都トレドは、三方をタホ川に囲まれた岩山に築かれている天然の要塞都市で、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の文化が入り交じった建造物が多く残り、スペインの歴史を凝縮した中世の面影が漂う町です。クリスマスシーズンには、旧市街を大聖堂に向かう途上、トレド名物のマザパン(砂糖とアーモンドの粉で煉った色鮮やかなお菓子)があちこちの店頭に並びます。

 トレド大聖堂はスペイン・カトリックの総本山で、スペイン絵画美術を代表するエル・グレコゆかりの教会としても知られていますが、正面ファサードの彫刻、美しいステンドグラス、キリストの生涯をつづった「新約聖書」の20場面を描いた主祭壇など、見るべきものが多数あります。特に見逃せないのはエル・グレコの『聖衣剥奪』と天井画に描かれたルカ・ジョルダーノ作『聖イルデフォンソの昇天』です。また、『聖衣剥奪』と並んでエル・グレコの作品で見逃せないのは、サント・トメ教会にある『オルガス伯の埋葬』です。これはエル・グレコの最高傑作といわれ、天上界と人間界が描かれており、トレドでは必見の絵画です。

 トレドは街全体が博物館で、他にも軍事博物館になっているアルカサルやユダヤ教のシナゴーグであったサンタ・マリア・ラ・ブランカ教会など見るべきものが多いので、日帰り観光より宿泊がお薦めです。私もトレドを訪れた際には宿泊しましたが、忙しいツアーでも、朝夕に落ち着いた時間が得られ、キリスト教徒でなくても「精神の集中」ができる町です。

 ■黒田尚嗣(くろだ・なおつぐ) 慶應義塾大学経済学部卒。現在、クラブツーリズム(株)テーマ旅行部顧問として旅の文化カレッジ「世界遺産講座」を担当し、旅について熱く語る。