記事詳細

【PNN】目指せ“北斗百回転”! 人気機種の甘デジ版が登場「デジハネPA北斗の拳7 天破」

★「デジハネPA北斗の拳7 天破」(サミー)

 待ちわびていたという人も多いのではないか。ようやく「デジハネPA北斗の拳7 天破」(サミー)が登場する。一昨年の4月の設置開始以来、圧倒的なファンの支持を受け、今でも多くのホールで主力として君臨する「北斗7」の甘デジ版だ。“突破型”で、目指すは電サポ100回転の「天破RUSH」。速さとバトルが融合した演出を堪能できる。サミー初の設定搭載機。21日から設置開始。

 アナ 私、北斗シリーズはメーンのスペックよりも甘デジスペックが好きなんです。

 解説委員 そういう人は多いはず。メーンスペック機に比べて当たりやすい分、北斗シリーズならではの作り込まれた演出を見る機会も増えるからな。

 アナ だからこの「デジハネPA北斗の拳7 天破」のようやくの登場がうれしくて。「北斗7」のデビューが一昨年の4月。もう少し早く出るかなーと思って待ってたんですが(笑)。

 解説委員 メーンスペック機はいまだにホールの主力だからな。さすが北斗シリーズは強い。あの強力な演出は健在で、さらに新たな演出も加わっているから、この甘デジ版も人気が出るだろう。

 アナ ゲーム性はいわゆる“突破型”ですよね。

 解説委員 まず通常時に大当たりすると99%は電サポ25回転の「練気闘座BATTLE」に入る。バトルに発展してケンシロウがラオウに勝てば大当たり。その後は電サポ100回転の「天破RUSH」突入だ。

 アナ 天破RUSH突入を目指すゲーム性ってことですよね。

 解説委員 このRUSHに入れば最大で約85%の継続率になるからな。オレの場合、この手のRUSHでは100回転を何事もなく駆け抜けて呆然(ぼうぜん)…というパターンが多いんだが、普通のヒキを持っている人なら十分に夢を見られるだろうな。

 アナ 「最大で約85%」とは?

 解説委員 1つは6段階の設定があるから、設定によって変わるから。もう1つは、やや変わった突破型だから。というのも、天破RUSHに入っても、基本的には内部的に確変か通常かがわからない。同じ天破RUSH100回転でも「40回転の確変+時短60回」のこともあれば、「時短100回転」のこともあるということだ。

 アナ 私は楽観的なので常に「今回も確変だ」って思っちゃう。

 解説委員 実際、確変割合が60%だから確変の方が多いしな。

 アナ 北斗7のド迫力演出と突破型のゲーム性で、甘デジも大人気になりそうな予感です。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 サミー初の6段階設定付き。通常時の大当たり後は99%で電サポ25回転が付くが(残り1%は電サポ100回転)、内部的には確変か時短かがわからない。また電サポは25回転だが確変は40回転までのため、電サポが終わっても15回転は確変の可能性が残る。

関連ニュース