記事詳細

【男盛りはこれからだ!!70代元気の秘訣】ゴルフでの出会いは「発見の連続」 ソニー社外取締役・原田泳幸さん (1/2ページ)

 アップルコンピュータ(現・アップル)の日本法人で代表取締役を務め、現在もソニー社外取締役など多忙な日々の原田泳幸さんは、昨年12月、古希を迎えたばかり。この節目にライフワークとしていたトライアスロンを一時休止、ゴルフに打ち込むようになったそうです。

 その理由は、トライアスロンのレース中に起きたアクシデント。

 「実は、1時間以上、海で流されレスキューされた経験があるんです。海のコースでは通常、ブイを目印に泳ぎ、ブイでUターンするのですが、その日は、いくら泳いでもブイに近づけない。今日は調子が悪いなと思いながらもガムシャラに泳ぎました」

 「途中でふとわれに返り、周りに人がいないことに気付きました。体力を消耗してしまい、何度か海に浮いて体を休めて、また泳ぐことを繰り返しようやくブイに。Uターンした途端にスイスイと泳げるようになり初めて“潮に流されていた”と分かりました」

 レスキュー隊員に無事救助され、1時間10分も潮に流されていたことが分かったとか。「もし、あのまま潮に流されていたら…」と原田さん。

 岸へ戻ると多くの人が心配していたそうです。

 「恥ずかしいから、みんなが待つ正面を避けて、後ろの岸にレスキューのボートをつけてもらいましたよ」

関連ニュース