記事詳細

【男盛りはこれからだ!!70代元気の秘訣】野菜ジュースとヨーグルトで免疫力アップ 日本医師会会長・横倉義武さん (1/2ページ)

 人生100年時代の今、健康は何よりの財産。信頼できるかかりつけ医は頼りになる存在です。今回は、「国民と共に歩む医療の専門家集団」として、私たち国民の健康を担う第19代日本医師会長、横倉義武さん(75)にお話を伺いました。

 横倉さんは、福岡で長年にわたり医師として病院を営み地域医療に貢献、9年前に日本医師会副会長となったのを機に東京に拠点を移したそうです。環境の変化にストレスや不安はなかったのでしょうか?

 「医師会の仕事を通して社会貢献したいという気持ちが大きく、常に多くの人々と接していたこともあり、ストレスや不安はありませんでした」

 生涯現役で多くの人と関わることはまさに元気の秘訣といえます。しかしながら、多忙を極める会長の仕事をこなしながらの体調管理は大変なのでは?

 「夜まで会合がある日も多いですが、夜10時には帰宅して12時には、就寝するようにしています。睡眠は6時間程度です。若い時はもっと長時間睡眠をとりましたが、年齢を重ねるとともに運動量にあった適正な睡眠時間があると思います」

 なるほど、睡眠時間には諸説ありますが「運動量」が一つの指標になるようです。

 「毎日8000~1万歩くのが日課です。時間を有効に使って昼休みに日本医師会館(東京都文京区)の近くの公園を歩くこともあります。食事はバランスよく食べますが肉が好きです。脂身を避けて良質なタンパク質を取るようにしています。朝は、野菜ジュースとヨーグルトをとるようにしています」

関連ニュース