記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「ちょっといい話」》子供の夢実現! 蛇口からジュース (1/2ページ)

 蛇口からカルピス-。

 子供にとって、こんな夢のような企画をアサヒ飲料が今年2~5月に全国各地で実施。カルピスブランドの100周年の記念企画だという。

 2月22日に東京都文京区の遊園地「東京ドームシティ」でスタートし、その後、全国を巡回していく。専用の蛇口をひねれば、カルピスウォーターが出てくる仕組みだ。小学生以下の子供に1人1杯を無料で提供していく。

 小学生の頃、真夏の学校で、校舎の水道の蛇口からオレンジジュースが出てきたどんなにうれしいだろうと妄想していた。

 炎天下の運動場を長距離を走ったあと、みんな真っ先に水道の蛇口に向かう。当時は、いまのように好きなときに水が飲めるわけではなかったので、乾いたのどには水が飲めるだけでも十分おいしく、ありがたかった。

 それでも、もしジュースが出てきたら、もっとうれしい。通っていた学校があった市に対して、校舎のあちこちにいくつもある蛇口のうち一つでもジュースが出る蛇口にしてくれないかななどと心の中で思っていた。

 子供の頃は、このような飲み物、食べ物に関する妄想が結構あった。

 ジュースはいまでは飲みたくなったら、すぐにコンビニやスーパーに行って買いにいくけれど、子供の頃はめったに飲めなかった。親に毎日飲むことを進められたのは牛乳だ。牛乳もおいしいので好きだったが、ジュースが飲めるのは特別の時だけ。お正月や親戚や友達が家に遊びにきたとき。決して常備用の飲料ではなかった。