記事詳細

【ベストセラー健康法】中毒性ある加工食品「マイルドドラッグ」 やめられないのは“意志の弱さ”ではない! (1/2ページ)

 いま、これを読みながらポテトチップスを食べているあなたは、とりあえず食べるのをやめて、この記事を最後まで読んでほしい。その上で、食べ続けるか、あるいはきっぱりとやめるかを考えてみよう。

 健康のためにお菓子を控えたい。でもなかなかやめられない-。そんな悩みを持つ人の多くが、「意志が弱いからだ」と自分を責める。

 しかし、実際には意志の問題ではなく、「中毒」になっている可能性がある。

 今回紹介する本は、『あの超加工食品があなたを蝕む「お菓子中毒」を抜け出す方法』(祥伝社刊)。著者はメディアでおなじみの白澤卓二医師。現代人の悩みをアカデミックな視点から検証し、解決策を示す一冊だ。

 薬物ほどの害悪はないものの、精製度が高くて中毒性のある食品を「マイルドドラッグ」と呼ぶ。代表的なのが砂糖だが、他にも肥満や生活習慣病のリスク因子となるものに果糖、人工甘味料などがあり、著者はこれに塩や油、そして小麦粉の名を挙げる。

 これらマイルドドラッグを使って調理された加工食品はどれもおいしく、あとを引く。冒頭で挙げたポテトチップスを筆頭に、ケーキ、クッキー、ドーナツなどのお菓子全般、菓子パンやカップラーメン、さらにはミートボールやチキンナゲットなど、よほど気を付けないと、知らず知らずのうちに口にしてしまう食品ばかり。

 しかも、これらはどれも安価で日持ちがするので、つい大量に買い込んでしまい、つねに身の回りにあるような状況を生み出してしまうのだ。

関連ニュース