記事詳細

【週末、山へ行こう】山でのんびりサクラのお花見 駅から山頂まで1時間弱「弘法山公園」 (1/2ページ)

★弘法山公園(神奈川県秦野市)

 山のサクラはいつ咲きそうか。毎年この時期になると天気予報を見てそわそわし始める。暖かくなるのが例年より早いか、遅いか。今年は全体的に暖かくなるのが早いようだから、きっと山のサクラの咲き始めも早いはず。お花見の計画を急がねばならない。

 関東近郊で最も手軽にサクラのお花見が楽しめる、私の大好きな山のひとつが、神奈川県秦野市の弘法山公園だ。弘法山と権現山、浅間山と東西に連なる3つの山が「弘法山公園」として整備されている。サクラの美しい権現山の山頂までは小田急線秦野駅から歩いても1時間弱。地元の人々もよく歩いている、“ご近所山”なのだ。

 秦野駅から歩き始め、初めに現れる浅間山は山頂らしからぬ、登山道の途中のような趣。それでも富士山や丹沢の山々が眺められてなかなか心地よい。このあたりからサクラの花が見られるようになる。両側にサクラが咲く登山道を進み、周りに目をやれば山の斜面がサクラで覆われて春霞のようだ。

 権現山の山頂は広い芝生の広場。広場を囲むようにサクラが植栽され、見頃の時期は満開のサクラに覆われる。広場の一角に展望舎が立ち、上に登れば富士山や丹沢、箱根の山々が一望に見渡せる。ピンク色のサクラと、白く雪をかぶった富士山のコントラストがなんとも美しい。山を登った人だけが見られるご褒美というところか。

関連ニュース