記事詳細

入れ歯が外れて命失う事故相次ぐ 胃や腸に孔が開いた例も (2/2ページ)

 ◆食生活まで指導する歯科医かをチェック

 入れ歯で以前と同じように硬いものをバリバリ噛んだりすると、破損したり、クラスプが掛かっている歯に負担がかかる。

 「入れ歯に精通した歯科医は、細かい食生活の指導や、残った歯の口腔ケアを大切に考えるものです。裏返せば、こうした気配りがない歯科医は避けた方がいいのではないでしょうか」(同前)

 ◆なぜ「自費」なのか確認

 保険の入れ歯が合わないと訴えた時に、調整をせず、すぐに高額な自費の入れ歯を勧める歯科医は論外だ。

 ただし、薄い金属床の入れ歯は、装着感が快適だという人もいる。これは、自費でしか製作できない。

 「自費の入れ歯には、必ずメリットがあります。患者は、求める条件を伝えて納得のいくまで話し合ってください。丁寧に応じる歯科医なら、いい入れ歯を作るでしょう」(村岡氏)

 ●レポート/ジャーナリスト・岩澤倫彦(『やってはいけない歯科治療』著者)

 ※週刊ポスト2019年3月29日号

NEWSポストセブン

関連ニュース