記事詳細

【週末、山へ行こう】登山用品は全部そろえないとダメ? 低山なら「履き慣れた靴」でOK (2/2ページ)

 とりあえずあるもので、失敗してもダメージの少ない低山ハイキングから行ってみればいいのだ。

 もっとも、高額ではあるが登山専用のものはやはり快適だ。今まで街歩き用のスニーカーで山を歩いていた人が登山靴を履いて歩いてみたら、山道でしっくり滑らずに歩けて、下山後に足の疲れが少ないことに驚くだろう。ザックも、街歩き用のデイパックと登山用では、荷物を詰めて長時間歩いたときの背負い心地や、背中の汗抜け感が全く違う。

 何度か山を歩き、やっぱり山が好きだと思ったら、登山専用のものを買い揃えていけばいいと思うのだ。

 ■購入の際は登山歴、予算を伝えよう

 登山用品は登山用品店で 服やザック、登山靴など登山専用のアイテムを買いそろえる場合は、登山用品を専門に扱う店が安心だ。登山用品店は品ぞろえも多く、登山を熟知しているスタッフも多いので商品に関して適切なアドバイスをもらうことができる。

 自分に合った商品に出合うには、(1)自分の登山レベル(2)その道具を使って行きたい山のレベル(3)予算-の3点をスタッフに伝えること。「登山歴1年で日帰り低山ハイキングが中心。この夏に八ヶ岳に行くので新しい靴が欲しい。他にも買い物をするので、できれば安いほうがよい」という具合。条件を具体的に提示することで、より適切な商品を勧めてもらえるだろう。

 ■西野淑子(にしの・としこ) オールラウンドに山を楽しむライター。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)、「山歩きスタートブック」(技術評論社)など。NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」講師。

関連ニュース