記事詳細

【楽しんで健康増進最前線】食事、睡眠、運動をトータルでサポート ホームズさいたま中央店「HEALTH MALL」 (1/2ページ)

★(1)

 ホームセンター大手の島忠(本社・さいたま市)が今年3月1日にオープンした「ホームズさいたま中央店」(JR埼京線大宮駅西口徒歩約10分)。1階は家具とホームセンターの複合店舗で、2階は健康にまつわる専門店が入る「HEALTH MALL」を展開する。

 同社広報部では健康業態に進出する理由を「家具も健康もお客さまに大切な日常。家具は来店頻度が高くないですが、健康関連なら毎日でも来ていただけます」と語る。

 「HEALTH MALL」には、埼玉県初出店の「タニタ食堂」、眠りのコンサルティングを行う「&Free~ねむりの相談所~」、ボディケア雑貨の「ドクターエア」や、フィットネスの「セントラルスポーツ ジムスタさいたま中央」の他、今後、診療所、調剤薬局なども出店予定。

 タニタの社員食堂のコンセプトを忠実に再現した「タニタ食堂」は、平日もオープン前から列ができる。入店時、タッチパネルでメニューを選ぶが、そばでスタッフが客の代わりに操作してくれるのは中高年にはうれしい。定食は1カ月、毎日異なる日替わりメニューを用意。カロリーを500キロカロリー前後、塩分を3グラム以下に抑え野菜をたっぷり使用する。他に曜日違いの「一汁二菜定食」もあり、筆者は「鶏と野菜の黒酢あんかけ」を選ぶ。ごはんは自らよそうが、茶碗の中に線が高低2カ所に入っている。100グラムと150グラムの区別で量とカロリーが簡単にわかる仕組み。

関連ニュース