記事詳細

50歳から視力回復した眼科医が実践した『視力回復5カ条』とは

 スマホ生活で視力が低下した方、多いと思います。近視や老眼などメガネ生活だと、見た目にも老け込みますよね。でもご安心を。カラダネ編集部が見つけたとっておきの方法を紹介します。眼科医の宮永嘉隆先生がみずから実践し、50歳を過ぎてから視力を回復させた目にいい生活習慣、名付けて「視力回復5カ条」。早速試してみませんか?

【1】バランスのいい食事をとる

 目の機能を保つには、肉や青魚に多いたんぱく質(アミノ酸)が特に大切!抗酸化力が強いカシスやブルーベリーをとるのもおすすめ。

【2】喫煙を控える

 目の奥の視神経のまわりは、毛細血管が密集しています。タバコを吸うと血管が収縮して、視神経の血流を滞らせる原因となるので要注意!

【3】目の紫外線対策をする

 白内障予防には、紫外線対策が大切です。

【4】時計やカレンダーの位置を調整する

 パソコン作業や読書など手元ばかりを長時間見るときには、途中で離れたところを見るようにしましょう。毛様体筋の過緊張を防ぐのに役立ちます。

 例えば、パソコン画面と一直線上になるように時計やカレンダーの位置を調整し、作業の合間に視線をそこへ移すとGood。

【5】適度な運動を心がける

 目は、背中・首の後ろ側などの血流悪化や筋肉の硬直の悪影響を受けやすい部位と考えられます。次の体操を毎朝5分ほど行うのがおすすめ!

(1)首を右回り、左回りにゆっくり2回ずつ回す。

(2)両腕を広げて腰を左右にひねる動きを3回行う。

(3)両手を後ろで組み、背中をそらす動きを3回行う。

 視力低下には大病の可能性もありますので、必ず眼科医に診てもらってください。この5か条のくわしい解説記事は、下記の関連ニュースをご覧ください。

関連ニュース