記事詳細

【どこまで分かる その検査】ホクロが急に大きくなってきた…がんか調べる「ダーモスコピー」 (2/2ページ)

 「特に悪性度の高いメラノーマとホクロが区別しにくいのは、どちらも基底層にある色素細胞から発生しているからです。ホクロは色素細胞が変化した母斑細胞が増殖した良性腫瘍の一種です。色素の配列パターンが典型的であればいいのですが、微妙なものもたくさんあります。判断が難しい場合は、皮膚悪性腫瘍指導専門医のもとで精密検査が必要です」

 ただ、オランダの研究では、ダーモスコピーと肉眼による観察でメラノーマの診断精度を比較した報告がある。それによるとダーモスコピーを用いた方が、診断の精度は50%程度高められるとされている。

 いずれにしても、ホクロの変化は要注意。急に大きくなった、左右対称でなく縁がギザギザ、出血する、爪に黒い線が入ったなどの症状に気づいたら、早めにダーモスコピーで調べてもらおう。(新井貴)

 【検査費用は?】保険診療では1回720円(3割負担で216円)。他に診察費など別途必要になる。

関連ニュース