記事詳細

がん10年生存率56%に上昇 5年生存率は67・9% 国立がん研究センター

 国立がん研究センターは9日、2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率はがん全体で56・3%だったと発表した。昨年の調査より0・8ポイント上昇した。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67・9%だった。治療や早期発見技術の進歩が貢献しているとみられる。

 前立腺がん(95・7%)、甲状腺がん(84・3%)、乳がん(83・9%)などが比較的高い。低いのは、肝臓がん(14・6%)、膵臓がん(5・4%)など。

 08~10年に診断された人の5年生存率は67・9%だった。部位や治療法別の詳しい生存率は、全国がんセンター協議会のホームページで確認できる。アドレスは、http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

関連ニュース