記事詳細

【外食・コンビニ健康法】食感を楽しみながら食物繊維を摂取 マルちゃん「1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん」 (1/2ページ)

 忙しいと食事をしなかったり、食べることを忘れてしまうという話を時々聞きます。以前も食事はリズムよくとお伝えしましたが、食べることを忘れてしまっては、リズムやバランス以前の問題となります。

 こうした方の心理ベースには、「作るのが面倒」「買いに行くのも面倒」があるようです。そこで、常温で長期保存できる缶詰や即席カップ麺に注目したいのですが、問題となるのが栄養バランスです。

 缶詰はここ最近のサバ缶ブームで、健康的な食品としての扱いも多くなってきています。問題は即席カップ麺です。湯を注ぐだけでは、不健康ではないかと、罪悪感を感じている方も多いようです。

 即席カップ麺の健康的な食べ方として、「生卵を入れてから湯を入れる」「レンジでチンしたカット野菜を入れてから湯を入れる」などがあります。ただ、このやり方は、カット野菜や卵を別に用意しなければなりません。

 ローソンで、健康を意識した即席カップ麺を発見しました。マルちゃん(東洋水産)『1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん』(税込み216円で購入)です。表示を見ると「1日の目安の3分の1相当」の野菜を使用と書かれています。1日の野菜摂取量の目標は350グラムなので、湯を入れるだけで116グラム程度の野菜が摂れるというコンセプト。キャベツ、チンゲンサイ、コーン、タマネギ、コマツナ、ネギ、ニラ、ニンジンなどが乾燥したかやくとして入っており、不溶性の食物繊維は、ある程度期待できそうです。

 野菜には歯応えがあり、普通のカップ麺より高い満足感があります。食感を楽しみながら、しっかりかみしめて食べてください。

関連ニュース