記事詳細

他人のiPS移植経過良好 初の臨床研究術後1年

 理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは18日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、目の重い病気の患者5人に移植した世界初の臨床研究について、網膜細胞が定着するなど術後1年の経過は良好と明らかにした。軽い拒絶反応が1人に起きたが薬剤で抑え込んだという。

 5人は網膜に障害が生じ、視力が徐々に低下して失明することもある「滲出型加齢黄斑変性」。2017年3月以降に、網膜細胞を含む溶液を注射器で目に注入した。4人の視力はほぼ維持され1人は向上した。