記事詳細

【男盛りはこれからだ!!80代元気の秘訣】ニューラテンクォーター元社長・山本信太郎さん、音楽支えに「目標と希望があれば大丈夫」 (2/2ページ)

 「福岡の知人からの誘いでゴルフ場経営に乗り出すことになりました。結果、87億の負債を抱えました。しかし、世はまさにバブルの時代、ゴルフ場の売却と私が当時持っていた不動産の全てを手放し、ちょうど87億を完済することができました。50歳にして全てを手放し、体一つになりました」

 絶望しなかったのでしょうか。

 「負債を完済し、ようやく顔を上げて歩けると思いました。夜の仕事に専念することで前向きになることができました。目標と希望があれば大丈夫。昔も今も私には、音楽が大きな支えです」

 店は1989年に閉じられましたが、「東洋一」の伝説は今も生きています。山本さんに新たなチャンスをもたらしているそうです。

 「この数年、ニューラテンクォーターや昭和の社交場の様子を聞きたいとインタビューを受けるようになりました。また、多くの音楽ファンからの熱いリクエストで当時のショーをCDに編集しているところです」

 5月から週刊大衆で、山本さんの連載も始まるそうです。古き良き昭和の活気が平成を経て令和へと伝えられていくのが楽しみです。(医療ジャーナリスト、薬剤師 吉澤恵理)

関連ニュース