記事詳細

【外食・コンビニ健康法】深夜の空腹に“ホッと”優しい満足感! マルちゃん「素材のチカラ 沖縄産もずくスープ」 (1/2ページ)

 仕事が忙しいときや、深夜におなかが空いてしまったとき、何を食べたらいいのでしょう。ラーメンやご飯などを食べてしまったら、食欲は止まらなくなりそうだし、カロリーや脂質の高いものは食べたくない。

 まずは、温度帯に気をつけます。空腹時にはフルーツや冷奴など、冷たい食品は満足度が下がりますので、温かい食品を選ぶことがおすすめです。冷奴なども、温めれば満足度が上がります。

 また、食感の変化があるものも、満足度は上がりやすくなります。たとえば、バターを塗っただけの食パンより、レタスやハムを挟んだ方が満足度はアップします。食感は1種類だけでなく2種類以上あることで、満足度は増していきます。

 さらに、甘味よりも塩味の方が食欲の増加を抑えることができますし、タンパク質が入れば、より食欲を抑えることができます。

 こうしたことを考え、深夜帯の低カロリー・低脂肪食品としてオススメしたいのが、スープなど汁物です。具の多く入ったスープやみそ汁を選んで、噛むようにして飲むことで、空腹感を抑えることができるはずです。

 どんなスープが良いかを探していたところ、マルちゃん(東洋水産)から発売されている『素材のチカラ 沖縄産もずくスープ』(5食入り、税込み432円で購入)を発見しました。フリーズドライのスープにはもずくのほか、三つ葉やごまが入っており、ゆず風味でカツオだしの味わいです。優しい味わいで温かいスープはホッとした満足感を感じさせてくれます。

関連ニュース