記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】感動の食べ歩き…北品川駅と尾久駅の2軒 さらにパワーアップした「中華そば和渦TOKYO」 (1/2ページ)

 「先週食べて感動した2軒」。まずは「中華そば和渦TOKYO」。2016年5月に東京・大井町でオープンした店が19年4月15日、北品川に移転して再開。北品川駅改札を出ると目の前の第一京浜を挟んで向こう側にあるガソリンスタンドの奥に店が見える。

 移転前もおいしかったが、相当おいしくなっていてビックリ。醤油そばを頼んだが、隣の人の丼を見て特製醤油そばに変更。特製は豚ワンタン1個、鶏ワンタン1個、チャーシュー2種、味玉半分が入るのでかなりお得感がある。

 麺は自家製で国産小麦に石臼挽き小麦を配合。鶏スープはせせり付き国産鶏ガラ+山水地鶏の丸鶏。和風スープは本枯れ鰹節、真昆布、白口煮干しなど。鶏スープと和風出汁をブレンドして提供。チャーシューは成長促進剤不使用の三元豚。水はπ(パイ)ウオーター。

 いや~、メチャクチャおいしかった。右隣が偶然知り合いで、しかも塩を食べていたので少しもらったが、貝を効かせており、これまた私好み。そして堪えきれずに3日後に特製塩そばを食べに行ったほど。

 やっぱり、うまかった。昼早い時間に売り切れてしまう昆布水つけ麺も食べたいし、三位一体(今は休止中のスペシャルスープ)が始まったらそれも食べたい。いやはやすごい進化を遂げていた。これは超お薦め!

関連ニュース