記事詳細

【人とペットの赤い糸】飼ったときの生活を現実的に想像…「犬カフェ」活用 (1/2ページ)

 近年、「猫カフェ」や「ふくろうカフェ」同様、犬と触れ合うことにより日々の癒やしを提供する「犬カフェ」が増えており人気が高まっている。ペットと暮らすことが禁止されている集合住宅に住んでいる、あるいは仕事の関係で出張が多く散歩に連れて行けないなど、さまざまな理由で自宅では犬と暮らすことができない人たちにとっては、好きなときに犬と遊べるのでありがたいと評判だ。

 近い将来に犬と暮らしたい、あるいは飼ってみたいと思われている人たち、また初めて犬を飼う場合の不安を抱えている人たちにとっては、犬カフェデビューから始めるのも良いだろう。

 犬に触れ合うことができ、散歩が可能なお店やドッグランが併設されている所もある。広い土地で思いっきり犬と一緒に走ることができ、人も犬もリフレッシュできる。いわば、飼ったときの生活をより現実的に想像することができる。お店によってはさまざまな犬がいるので、より多くの種類の犬と触れ合うことで、将来一緒に暮らすための参考になるだろう。

 里親捜しをしているお店もある。触れ合いを楽しむと同時に、一緒に暮らすのに相性の良いワンちゃんと巡り合える可能性が増える一石二鳥のアイデアだ。訪問した分だけ仲良くなれるし、ゆっくりと心を通わせて、相性を確かめてから迎え入れる方法もある。

 日本の小学校や中学校では、学校飼育動物が年々減少している。欧米とは異なり、動物との触れ合いやケアの仕方を学校で学ぶことができない子供たちにも、犬カフェをぜひ活用してほしいものである。

関連ニュース