記事詳細

【外食・コンビニ健康法】加熱処理でリコピンを効率的に摂取 カゴメ「濃厚仕立てのトマトソース」 (1/2ページ)

 外出する機会も多くなってくるこの時期、特にゴールデンウイーク中に気をつけておきたいのは、紫外線です。5月頃から紫外線量は一気に増えてきますが、夏ほど意識がないため、気をつけないと一気に日焼けをする可能性があります。紫外線は、確実に肌のシミやシワを深くしますので、見た目の若さを維持したいなら、日々の紫外線意識は大切です。

 紫外線に対抗するためにオススメな栄養素には、抗酸化ビタミンであるベータカロテン、ビタミンE、ビタミンC、リコピンなどがあります。これからの時期、こうした栄養素が多く含まれる色の濃い夏野菜、トマト、カボチャ、ズッキーニ、ピーマンなどがたくさん出回ります。

 トマトには、体内でビタミンAに変わるベータカロテンや、リコピンが多く含まれます。どちらも抗酸化作用が強く、体内では血管ケアが期待できます。ビタミンAには、免疫を高め、粘膜を保護する働きもあります。リコピンには、美白効果が期待されています。旬の野菜を食べることは、その時期の体調を整える働きがあるのです。

 とはいえ、夏野菜を食べるってどうすれば、という方に向けて、オススメの商品を発見しました。カゴメ『濃厚仕立てのトマトソース』(税込み246円で購入)です。

 トマトケチャップと似た形状のチューブ型になっていますが、トマトに玉ねぎ、ニンニクを加え加熱した濃厚ソースです。同社のトマトソースに比べても、1・5倍のトマトを使用しているそうです。リコピンは加熱をすることで吸収が高まるので、効率的に摂取できます。このまま何にでもかけて食べられるのがこの商品のいいところです。

関連ニュース