記事詳細

【外食・コンビニ健康法】手軽に野菜量を増やしダイエット! お弁当に1品加え栄養バランス改善を ほっともっと「プラスベジ」 (1/2ページ)

 薄着の時期になってきました。夏服に袖を通してみたら、余計な脂肪がついていたことに気づいてしまった方、夏本番までに体を整えておきたいものです。「ダイエットに効果的なのは、運動ですか食事ですか」と聞かれることがありますが、両方とも意識してもらうことが大切です。

 運動のメリットは、エネルギー消費のほか、筋肉でブドウ糖や脂肪酸の利用が促され、血糖コントロールも改善する点です。また、筋肉量が増えれば、基礎代謝も上がり、エネルギーが効率的に使われる「痩せやすいカラダ」を作ることができます。並行して食事を意識することで、より効果的に体脂肪を落とすことができます。

 運動は、息が弾むぐらいで、心拍数が少し上がるような、早歩きやランニングが始めやすいでしょう。食事では、野菜の割合を増やすことがオススメです。

 野菜を最初に食べる「ベジファースト」については何度か説明をしていますが、食事中も野菜量を増やしてください。野菜を食べるメリットは、栄養バランスの改善に加え、低カロリーなのに食事のボリュームが増えるという点があります。噛む動作が満腹中枢を刺激し、満足感を高めてくれます。

 そこで、手軽に野菜をプラスできるメニューを発見しました。ほっともっと『プラスベジ』です。これは、から揚げやチキン南蛮、カルビ焼肉などの弁当(対象は13種類)や、単品のおかずにつけることができるカップサラダです。キャベツ、枝豆、赤ピーマン、ブロッコリー、コーン、ジャガイモの6種類で構成された具だくさんのサラダに、甘みのあるニンジンドレッシングがかかったもの。

関連ニュース