記事詳細

【男盛りはこれからだ!!70代元気の秘訣】「週2回のトレーニング」と「ドルツで歯磨き」 トリンプ・インターナショナル・ジャパン元社長、吉越浩一郎さん (1/2ページ)

 「僕の毎日が本生。日々、人生を楽しんでますよ」と満面の笑みで語るのは、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの元社長で現在は吉越事務所を構える吉越浩一郎さん(72)。「本生」とは「本当の人生」を意味するそうです。

 元来ポジティブ志向だそうですが、上智大学からドイツのハイデルベルク大へ留学した時に知り合ったフランス出身の夫人から受けた影響も大きいと言います。夫人とともに帰国後は、極東ドイツ農産物振興会を経てメリタジャパンに入社。

 多忙で帰宅が遅く、プライベートな時間が取れなくなったころ夫人から、「このままだと離婚します」と衝撃の一言が…。

 「頭を抱えていたらタイミングよくメリタの香港支社ができて異動に。危機を免れました」

 日本とは仕事への取り組み方が大きく違ったそうです。

 「香港での生活は、昼は仕事、夜はプライベートの時間とメリハリがありました。時にビジネスディナーがあっても、ドイツの会社ですから、妻やパートナーを同伴するのが当たり前という文化。おかげで仕事もプライベートも充実しました」

 さらに体調管理を怠らない習慣も身についたようです。

 「誰もが『未病』を持っています。その未病を放っておくと病気へと変わってしまう。年をとると特にそうです。未病が病気にならないように自分の体をよく知ることが大切です」

関連ニュース