記事詳細

【長生きは本当に幸せか? 医師・ジャーナリスト富家孝が問う】死とは何か…医者は自然死を知らない 「延命治療」蔓延する日本と「自然死」選ぶ欧米 (1/2ページ)

★(7)

 日本では昨年、1年間で136万9000人(2017年10月~18年9月)が死にました。いまや「多死社会」になろうとしています。

 ところが、もっとも近いところにいながら、私たち医者は死というものをよく分かっていません。ここで言う死とは「自然死」のことです。人間がどうやって死んでいくのか、じつは医者が分かっていないのです。

 なぜなら、医者の仕事は患者さんを死なせないことにあるからです。医者は最先端医療を使い、何とか命をもたせようとします。ときに過剰とも言える延命治療も行います。結果、人間が老衰して死んでいく状況がわからないのです。

 私は最近、介護医療の現場にかかわることが多くなりました。つくづく思うのは、遺体の様子が昔と比べて大きく違っていることです。とくに寝たきり状態になって延命治療を受けてきた方の遺体は、皮膚が黒ずみ、全体が水ぶくれを起こしたようになります。点滴や胃ろうの結果です。

 欧米各国では、医療施設、老人ホームなどに寝たきり老人はほとんどいません。たとえばスウェーデンでは、高齢者が自分で物を食べることができなくなった場合、点滴や胃ろうなどの処置は行っていません。このような人工的な処置によって高齢者を生かし続けることは、生命への冒涜(ぼうとく)と考えるからです。人間は自力で生きることができなくなったら、自然に死んでいくべきだという死生観を彼らは持っているのです。

関連ニュース