記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】人気フレンチがラーメンで京都に進出! オーガニックなラーメン会席「Le sel」 (1/2ページ)

 開店1年でミシュランの星を獲った人気フレンチ「Crony」(西麻布)がラーメンで京都に進出。今年4月1日「Le sel(ル・セル)」(京都市東山区)をオープン。店長はフランス修業を経て、「エスキス」(銀座)や「Crony」など、人気フレンチで腕を振るった若手でラーメン好きだったため、この店を任された。

 「Le sel」はフランス語で塩のこと。基本、塩のみで味付けをしている。コンセプトは「オーガニック食材の小会席料理」。今のところ、コース2500円一本勝負。

 オーガニックかヴィーガンかを選び、〆のラーメンを3種類から選択する。前菜(おばんざい)、ラビオリ、京茶飯(おかず2~3品付き)を食べた後、ハーフラーメン(麺90グラム:東京の標準麺量と比べると6割ほど)で〆、最後に自家製スイーツが出てくる小会席(プチコース料理)になっている。

 用意されてるお酒やソフトドリンクもしっかりオーガニック。お冷やもオーガニック麦茶でワイングラスに注がれてオシャレに登場。

関連ニュース