記事詳細

糖質制限ダイエットってどうなの? 白米をおいしく食べる「ご飯の友」を紹介! (1/2ページ)

 新緑の香りが心地よい5月。地方により多少の違いはあれど、日本では昔から田植えの時期といわれてきた。田んぼでは、水が張られ、苗の鮮やかな緑が人の目を楽しませていることだろう。そんな日本人にとって欠かせない主食は、何といっても白米だ。ただ最近は、ダイエット目的や健康志向の高まりから、白いご飯を含めた炭水化物の摂取を控える傾向にある。「教えて!goo」にも「炭水化物を抜くと痩せる、と言われておりますが……」といった質問が投稿されている。そこで今回は、糖質ダイエットやおいしく栄養的にもバランスのよいご飯の友について、栄養士の大柳さんに話を聞いてみた。

 ■ダイエットする時は白米を控えたほうがよいの?

 白米にはビタミンや食物繊維も含まれていることから、過剰に避けるのは誤りという声もあるようだが……。ダイエット時でも白米は摂取したほうがよいのでは。

 「すでに肥満であり体脂肪を減らしたい期間は、白米であれパンであれ、主食(炭水化物)を控えるほうが体脂肪の燃焼には効果的です。ビタミンや食物繊維は、白米より魚介や海藻に豊富です」(大柳さん)

 やはり体脂肪を減らしたい場合は、白米に限らず主食を減らすことが有効だ。

 「肥満が解消し、エネルギーを糖質から摂取するなら、パンより白米のほうがアレルギーのリスクも少なく、油脂も含まれずオススメです」(大柳さん)

 ダイエットのフェーズやその人の体質によっては、白米の接種もよいとのこと。

教えて!ウォッチ

関連ニュース

人気Q&A