記事詳細

【ぴいぷる】輝く“東京の夜”をロックオン! 夜景写真家・堀寿伸「見慣れた東京の夜景とはちょっと違う…」 4冊目写真集「東京夜景」上梓 (1/2ページ)

 ■計250カ所撮影「未知の世界…客観的にとらえた」

 摩天楼のように林立する大都会のビル街から、夕日に染まるまばゆい湖面の風景まで…。夜景ばかりを撮り続けて約20年。このほど4冊目となる夜景の写真集「東京夜景」を上梓した。

 「外国人の視点になって撮りました。だから有名な東京の名所も登場しますが、ふだん見慣れた東京の夜景とはちょっと違いますよ。実は私の本拠地が大阪だからです」

 この言葉通り、これまで見てきた東京の夜景写真とは一味違う。

 東京都庁第一本庁舎展望室から見下ろす西新宿の夜景は幻想的な光に満ち、まるで洋画に出てくる大都市のワンシーンのよう。一転、東京都東村山市の狭山公園の多摩湖に夕日が沈む光景は欧州で描かれた絵画のような絶景だ。

 「私にとって東京は未知の世界に等しく、それだけに客観的に東京の魅力をとらえることができたのでは…」

 5年前、大阪の夜景だけを収録した写真集「大阪夜景」を発表したところ話題となり、「次は東京で」と企画が進み、昨年4月から撮影を敢行。今年1月まで約10カ月間かけて撮った137カ所の夜景写真が収録されている。

 「大阪の自宅を本拠地に、東京のウイークリーマンションに住み込みながら、毎晩、撮影を行いました。“東京の輝き”を再発見してもらえれば」と期待を込める。

関連ニュース