記事詳細

【今からトレーニング】「腰痛」の痛みを軽減するトレーニング 硬くなった尾骨周りをほぐす (1/2ページ)

★痛み軽減トレーニング(1)腰痛

 今回から、「腰痛」「肩こり」「膝の痛み」「目の疲れ」など、多くの人が抱える体の痛みを軽減するトレーニング法を紹介する。教えてくれるのは、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患後遺症に特化したマンツーマン型のリハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」の理学療法士で心臓リハビリテーション指導士の村谷元気センター長と大平大地さんだ。

 「実は8、9割の人が原因不明の腰痛に悩んでいます。腰痛のある人は腿裏が硬くなったり、腹筋の筋力が低下している人が多いです。本来なら、前にかがむ動きをすると骨盤が起きたり寝たりする動きになりますが、腿裏が硬いと骨盤の動きを止めてしまいます。骨盤が動かないので、腰椎が動くことになり、腰椎の連結部分に負担がかかります。また、腹筋が弱いと体を支えるために体の裏側の筋肉が緊張し、腰椎を引っ張り、腰痛の原因となります」(村谷さん)

 そこで、まずは硬くなった尾骨周囲の筋肉のマッサージを行う。

 <尻の筋肉のマッサージ>

 (1)フェースタオルを丸めて床に置き、尻の中央が乗るようにその上にあおむけに寝る。タオルは縦横どちらでも気持ちのいい方向に置く

 (2)膝を立てて左右交互に膝を倒す

 (3)これを3分程度行う

 (4)刺激が足りなければタオルの代わりにゴルフボールなどを使う

関連ニュース