記事詳細

【外食・コンビニ健康法】飲み過ぎ注意! 人気のタピオカドリンクは“糖質の塊” ラーメン一杯と同程度のカロリーも!? (2/2ページ)

 コンビニで売っているタピオカドリンクのカロリーを見ると、たとえばミスタードーナツの『タピオカ ミルクティ』が214キロカロリー。このくらいならいいのですが、カロリー表示のない店舗のタピオカドリンクの場合には、量が多いこともあり、500キロカロリーを超えるものもあるようで、あっさり味のラーメン一杯とさほど変わりません。

 砂糖の甘さでカロリーを一気に摂取すると、血糖値は急上昇します。これを「血糖値スパイク」といいます。スパイクとは急上昇するという意味で、これによって元気が出る、集中力が上がるという利点がありますが、急上昇した血糖値は、しばらくすると急降下します。元気になった後に、激しい眠気やだるさ、疲れがやってくるのです。

 夏の暑いときの水分補給はとても大切ですが、糖分入り飲料を甘みを感じにくい冷たい状態で習慣として飲むのは危険です。人気のタピオカ飲料は、たまに楽しむ程度にしてはいかがでしょうか。

 ■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

関連ニュース