記事詳細

【今からトレーニング】膝の痛みを軽減するトレーニング まずは負担をかけずに周囲の筋肉強化「クワッドセッティング」 (1/2ページ)

★痛み軽減トレーニング(4)膝の痛み1

 体を動かしたときに生じる痛みを、自分でメンテナンスする方法を教わっている。今回からは膝の痛み。教えてくれるのは、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患後遺症に特化したマンツーマン型のリハビリ施設「脳梗塞リハビリセンター」の理学療法士で心臓リハビリテーション指導士の村谷元気センター長と大平大地さんの2人だ。

 「膝は、足関節と股関節の中間の関節でストレスがかかりやすい場所です。痛いのは膝でありながら、原因が膝ではなく、足のアライメント(位置)不良などが原因ということもあります。痛みの場所が膝の内側か外側か、奥か前かなどによって疾患の種類が変わることもあり、膝の痛みに対して効果的な運動方法も一概には言えません。その中で、多くの膝の痛みに対して効果的な運動やマッサージ、ストレッチ方法を紹介したいと思います」(大平さん)

 まずは、膝周りの筋肉を鍛える運動を教わる。

 <クワッドセッティング>

 (1)寝ている状態で、片足の膝の下に巻いたタオルを置く=写真

 (2)膝を軽く曲げた状態から、タオルを押しつぶすようなイメージで膝に力を入れる。3、5秒間止めて、10回繰り返す。これを左右行う

 「膝の周りの筋肉を、膝関節を動かさずに鍛える運動です。膝を曲げると痛みのある人や、膝に体重をかけると痛む人にも行える運動方法です」と大平さん。

関連ニュース