記事詳細

【外食・コンビニ健康法】紫外線、熱中症対策に打ってつけ! カゴメ「完熟トマトの冷製ポタージュ」 (1/2ページ)

 急に暑さがやってきたこの時期。暑さに慣れておらず、体温調節がうまくできていないときに起こりがちなのが、熱中症です。人間には、体温調節機能が備わっており、暑い時や運動・活動をして体温が上がりすぎたときには、皮膚に近い部分に多くの血液を流し、熱を放出します。また、かいた汗が蒸発し、体の表面温度を下げることでも体温調節をしています。

 あまりに暑い場所にいて、体温調節機能が乱れ、熱が放出できないと、体に熱がこもり体温が上昇し熱中症となります。また、大量の汗をかき、体の塩分濃度が低下し、電解質のバランスが崩れたときや、水分補給が追いついていない時などにも熱中症の症状が出てきます。

 けいれんや筋肉痛、めまい、失神、頭痛、吐き気、集中力や判断力の低下などさまざまな症状が出るため、少しでもおかしいなと感じた場合は早めの処置が必要です。

 水分補給にもコツがあります。摂取量ですが、1日約2・5リットルぐらいが汗や尿、便などで失われるため、同じぐらいの量の補給を意識しましょう。ただし、一度に水分の大量摂取をすると、体内の電解質のバランスが崩れ、熱中症の原因となりますので、こまめな摂取が必要です。

関連ニュース