記事詳細

この夏、引越し予定の人必見!夏場の引越しの注意点 (1/3ページ)

 引越しは、人生の中でも大きなイベントのひとつ。そんなイベントだからこそ、時期を選ばずやってくるのかもしれない。もちろん、自分で時期を選べる場合もあるだろうが、「どうしても今引越しをしなければならない」という状況に立たされることもあるはず。例え、それが真夏であっても……。「教えて!goo ウォッチ」で以前ご紹介した「8~9月は第2の引越し繁忙期!上手に引っ越すポイントは?」」で、この時期は転勤などの理由から引越しが多いことが判明した。そこで今回も、夏の引越しで注意すべき点について、引越し一括見積もりサイト「引越し侍」編集部の清水朋香さんに話を聞いてみた。

 ■暑さ・日差し対策は万全に

 夏の引越しと聞いて、すぐに思い当たる問題がその暑さだろう。

 「夏の引越しで一番の障害となるのがやはり暑さや日差しです。慣れない引越し作業を長時間行うことで、熱中症になる危険が高まります。引越し当日にはエアコンを取り外したり電気を止めたりしていることも多く、室内でも安心はできません」(清水さん)

 熱中症対策としては、「こまめに水分を取る」、「汗をかいたら適度に塩分をとる」、「体を冷やす」などの方法があるそうだ。スポーツドリンクや濡らしたタオルを用意してから、引越し作業に取りかかりたい。

 「忘れがちですが引越しでは屋外で作業する時間も多くあります。夏場は日焼けをしやすいので、日焼け止めを塗っておきましょう」(清水さん)

 引越し作業では、首の後ろや腕、頭頂部などが日焼けしやすいという。気になる人は念入りに対策しておこう。

教えて!ウォッチ

関連ニュース

人気Q&A