記事詳細

【体験ルポ 秋のスポーツ&パフォーマンス 遊んで体を鍛えよう】「おひとり様専用」トレーニング施設を完備! 東急スポーツオアシス上大岡 (1/2ページ)

 カラオケ、ゴルフ、焼き肉と「おひとり様文化」が広がる昨今、スポーツクラブにも個室ジムが登場した。7月にオープンした東急スポーツオアシス上大岡(横浜市港南区)は、おひとり様専用トレーニング空間「個ジム」を備える。

 館内には重厚な木製扉がついた3畳ほどの個室スペースが5部屋。フィットネスバイクを置く部屋が3室と、ランニングマシン用が2室。バイク用に入り、前面のタブレットで好みの講師プログラムを選択する。スタートすると前面と左右、周囲3面に流れる動画と共に自らのペースでバイクを漕いでゆく。

 「ランニングの部屋では、中を真っ暗にしてスマホで好みの音楽に身をゆだねて、黙々と歩く方もいらっしゃいます」と語るのは同ジムマネジャーの吉田麻友子さん。

 個室ジムの誕生したきっかけはオープン前のスタッフとの雑談。よりトレーニングに没入するにはどうすればいいかと皆で考えた。テント状にすれば…など様々なアイデアが出た中から「個ジム」案が採用された。

 「自らのトレーニング姿を鏡に映して見たい方がいる一方、一人で励みたい方もいます。後者のニーズに応え、最近流行りのバーチャル映像を流せるスペースと組み合わせてできました」

 筆者はどちらかといえば、「見られたくない」タイプ。個ジムに入って、扉を閉め、一人黙々とバイクを漕いでいると、よりテンションが上がる。外のスタジオから微かに聞こえるインストラクターの「はい、足をまっすぐ伸ばしてえ!」という声が、異界からのように思えて落ち着く感じ。個ジムは今後、同社の他スタジオでも設ける計画があるそうで、人気のほどがうかがわれる。

関連ニュース