記事詳細

【BOOK】AVと安倍政権の話が一緒に載るって他にない! 「硬軟」織り交ぜた初エッセーを上梓 中村文則さん『自由思考』 (1/3ページ)

★中村文則さん『自由思考』(河出書房新社1400円+税)

 とてつもない悪や狂気、あるいは死刑制度や少年犯罪…重くてダークなテーマの小説を書いてきたベストセラー作家初のエッセー集。独創的で魅力あふれるアイデアを生み出すアタマの中身を少しだけ覗(のぞ)けるかも。(文・梓勇生 写真・酒巻俊介)

 --作家生活17年分のエッセーがぎっしり

 「若い頃の文章を読むと初々しくて。編集者のおかげでここまで来られました、なんて書いてますからね。今じゃ電話にも出ないけど(苦笑)」

 「ただ、(古い物でも)今に響くと思う。児童虐待問題などは、現在もまったく状況は変わってません。僕は、今の社会が少しずつおかしくなって来ていると思っていますが、このエッセー集を読んでもらえれば、その理由が分かります。だから、このタイミングで出版できてよかったと思っています」

 --ジャンルは多岐にわたり、まさしく「硬軟」織り交ぜて

 「アダルトビデオの話と安倍晋三政権の話が一緒に載っているエッセー集なんて多分ほかにはないでしょう。ふざけ倒して書いた物から、真面目な政治問題、社会問題まで。こうした構成にした方が、読まれるだろうし、伝わると思いました」

 --中村さんの素顔や生活もうかがえる。電車内で「僕の隣に人が座らない」というコラムが面白かった

関連ニュース