記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】“ロカボ主役”じゃがいもを食べよう! 「じゃがいもガレット」

 「ロカボ」という言葉を耳にしたことはありますか? これは一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱したもので、極端な糖質制限をするのではなく「おいしく楽しく適性糖質を取る」という意味合いだそうです。

 今回のレシピの主役はじゃがいも。じゃがいもは世界各国で主食にされているほどメジャーな食材ですが、糖質が高く、食べ過ぎると高血圧発症のリスクが高まるとされています。

 一方で、キウイやミカンに匹敵するほどのビタミンCをはじめ、カリウム、マグネシウム、食物繊維など、豊富な栄養価があるのも事実。特にビタミンCはでんぷんに覆われているため、加熱しても壊れることなく、“生活習慣病撃退”をはじめ、強力な抗酸化作用が期待できます。

 どんな食材にも言えることですが、過剰摂取にさえ気をつけていれば、健康に害を与えることはありません。ご紹介するガレットも食事というより、おやつ感覚やお酒のおつまみとして楽しんでいただくのがちょうど良いかと思います。香ばしくてモチモチした食感がたまらない一品です。

 【材料】2人分

 じゃがいも 2個(約300g)

 パセリ 20g

 とろけるチーズ 80g

 オリーブオイル 小さじ2

 塩こしょう 少々

 【作り方】

 1 じゃがいもはよく洗い皮ごとスライサーで千切り(水にさらさない)、パセリはみじん切りする。

 2 ボウルに1ととろけるチーズを入れて混ぜ合わせる。

 3 フライパンにオリーブオイルをひき、2を隙間なく丸く敷き詰めてじっくり焼き裏返して焼き皿に盛り、塩こしょうをふる。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

関連ニュース